コレステロールを下げる美容成分は緑茶に含まれています。ほかにも、紅茶やコーヒーなども有効です。

美容効果とコレステロールの大切な関係
美容効果とコレステロールの大切な関係

コレステロールを下げるお茶の美容成分

コレステロール値を下げるためのお茶というのが、よくCMなどで話題になっています。
もともと、緑茶に含まれる美容成分であるカテキンは、コレステロールを下げると言われています。
下げるというよりは、吸収を抑えてくれて、結果として動脈硬化などの病気を予防してくれるということです。
また、酸化を抑制してくれたり、不飽和脂肪酸の働きを活性化して、健康に役立ってくれるのです。
カテキンを多く含む、市販のお茶を上手に利用するのも手です。
最近では、ガレート型カテキンという特殊なカテキンを含むお茶や、キトサンを加えたお茶、低分子化アルギン酸ナトリウムなどという、海草類に含まれる栄養素を加えたお茶などもあるようです。
カテキンをたくさん含むお茶は、脂肪を消費しやすくなるということでも人気です。

緑茶のほかにも、紅茶やコーヒーなどもいい作用をしてくれます。
紅茶に含まれるカテキンの一種の、テアルビジンという栄養素は、血液をさらさらにしてくれるとのことです。
さらに、コーヒーにも血管の細胞を強くする栄養素が含まれているようで、ティータイムには緑茶や紅茶、コーヒーなどを上手に取り入れたいものです。
サプリメントや薬などに頼る前に、まずは自然のお茶やコーヒーなどで対策をしてみるのも良さそうです。
大豆も、タンパク質が多い上に、善玉の栄養素を増やす働きがあります。
お茶のお供には、大豆を使ったお菓子などをお茶請けにするのがおすすめです。

美容・美容成分を調べようとしているなら☆