美容成分をよくみてみると、コレステロールと成分表にかかれた化粧品があります。心配になる人もいますが大丈夫です。

美容効果とコレステロールの大切な関係
美容効果とコレステロールの大切な関係

美容成分に含まれるコレステロールのちから

化粧品などの美容成分が書かれたところに、コレステロールと書かれているものがあります。
コレステロールといえば、油分などのことをさします。
なので、コレステロールという言葉にあまり良い意味が思い浮かびにくいと思います。
お料理に使うサラダ油など、食べ物に使われるものは、最近のものだとコレステロールがはいっているよりも、カットなどと書かれたものが多くあります。
コレステロールは良い意味というよりも悪い成分というイメージの方が強いと思います。
このコレステロールが化粧品などに含まれるものには意味があるようです。
それもお肌に良い意味があるようです。

化粧品などにコレステロールがはいっているものは、肌の内側には、水分を抱きかかえるところがあります。
そこのことを、細胞間物質と呼びます。
この、細胞間物質という組織は三つの物質でてきているもので、その三つの物質というものが、コレステロールとセラミド、そして脂肪酸というものです。
この三つがけして均等に含まれているわけではなく、この中の含まれているコレステロールは30%ほどだといいます。
セラミドは50%と半分も含まれている成分になり、重要な役割りがあるようです。
この細胞間物質を補う役割りとして、コレステロールは配合されているようです。
コレステロールはセラミドと一緒に使われることで、ちからをはっきするようです。
コレステロールがはいっているということで使うことをためらう人もいるようですが、ほとんどの化粧品はこのはいっているコレステロールが血管などを通して中に入っていくというわけでもないので、体に害はないようです。

美容・美容成分を調べようとしているなら☆