美容成分とコレステロールについて書いていきます。コレステロールのおおまかな説明についてかいていきます。

美容効果とコレステロールの大切な関係
美容効果とコレステロールの大切な関係

美容成分とコレステロールについて書いていきます。

美容成分とコレステロールについてです。
コレステロールとは、ステロイドのステロールと呼ばれるグループに属する有機化合物の一種のことです。
分子式はC27H46Oで表されます。
生体内ではスクアレンを基に生合成されます。
コレステロールという名はギリシア語のコレとステロールから名付けられました。
コレは胆汁のことで、ステロールは固体のことです。
この名前は1784年に研究者が胆石からコレステロールの固体を分離したときにつけられました。
因みに、オールとはは、アルコールであることを意味します。
よく、善玉コレステロールとか、悪玉コレステロールなどと、耳にしますが、これらはコレステロールが血管中を輸送される際のコレステロールとリポタンパク質が作る複合体のことで、コレステロール分子自体を指すものではありません。善玉か悪玉かの違いは複合体を作るリポタンパク質の種類の違いに起因します。
なお善玉と悪玉とでは、血管内での振る舞いが違います。
これらの振る舞いの違いから、血液の状態を計ることができるので、病院の血液検査の際に指標として用いられています。

動物の体内においてコレステロールは、主に生体膜の構成物質になります。
この他にもいろいろな代謝に関わります。
コレステロールは動物にとってとても重要な物質だと言えそうです。
従ってコレステロールは動物の体内に広く分布しています。
ヒトの体内でも、組織の細胞膜に見出される大事な脂質成分となっています。
哺乳類では、コレステロールの多くは食事に由来するのではなく、体内で合成されます。
そして血液の中にあるリポタンパク質と呼ばれる粒子を媒体に、種々の器官へと輸送されます。
コレステロールは、それを生産する臓器や細胞膜や小胞体のような膜組織が密集している細胞で構成される臓器にたくさん分布しています。
具体的には、肝臓、脊髄、脳のことです。
一般的な成人男性は、体内いコレステロールを150g弱保持しています。
このうち25%程度が脳に存在しています。

美容・美容成分を調べようとしているなら☆